ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 伝新田義貞着用の甲冑

伝新田義貞着用の甲冑

伝新田義貞着用の甲冑(かっちゅう)

伝新田義貞着用の甲冑の画像

めいしょう

 はらまき(かぶと、おおそで、こて、くるわ)

名称

 腹巻附(兜一、大袖一、小手一、曲輪一)

指定種目

 国指定 重要文化財

指定年月日

 明治34年8月2日

文化財種類

 工芸品

時代

 南北朝・室町時代

所在地

 洲本市炬口二丁目13-17<外部リンク>

所有者

 炬口八幡神社

管理者

 炬口八幡神社

概要

 戦国時代の大永7年(1527年)に炬口城主安宅(あたぎ)駿河守が、新田義貞が着用していた甲冑(かっちゅう)を、炬口八幡神社に奉納したものと伝えられています。腹巻に比べ、兜などは時代的に新しいため、全てが当初からのものではないと考えられています。
 年1回、春祭りの日に一般公開されています。