ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 先山千光寺の梵鐘

先山千光寺の梵鐘

先山千光寺の梵鐘の画像

めいしょう

 ぼんしょう

名称

 梵鐘

指定種目

 国指定 重要文化財

指定年月日

 昭和39年1月28日

文化財種類

 工芸品

時代

 鎌倉時代

所在地

 洲本市上内膳2132<外部リンク>

所有者

 千光寺

管理者

 千光寺

概要

 鎌倉時代後期の弘安6年(1283年)に、千光寺のために造られた淡路島最古の銅鐘であることが、鐘の周囲に刻まれた文字からわかっています。また後年の追記より、戦国時代の永正16年(1519年)に安宅(あたぎ)秀興が売り払われていた鐘を買い戻して、再び千光寺に寄進したことがわかっています。
 現在も千光寺の釣鐘として鐘楼にかかっています。