ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 鉄製鋳造宝塔残欠

鉄製鋳造宝塔残欠

鉄製鋳造宝塔残欠の画像

めいしょう

 てっとうざんけつ

名称

 鉄塔残欠

指定種目

 県指定 重要有形文化財

指定年月日

 平成5年3月26日

■文化財種類

 考古資料

時代

 鎌倉時代

所在地

 洲本市山手一丁目1-27<外部リンク>

所有者

 千光寺

管理者

 洲本市立淡路文化史料館

概要

 お経を納める宝塔の一部です。屋根や台座は長年の雨で朽ち果ててなくなってしまいましたが、本来の姿は千光寺参詣曼荼羅に描かれています。残っている部分から鎌倉時代末期の文保2年(1318年)に造られたことがわかっています。鉄で鋳出されたもので、年号のある宝塔としては、国内でも古い時代のものです。
 現在は淡路文化史料館で常設展示しています。