ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > あみだ堂の石造五重塔

あみだ堂の石造五重塔

あみだ堂の石造五重塔の画像

めいしょう

 あみだどうのせきぞうごじゅうのとう

名称

 あみだ堂の石造五重塔

指定種目

 県指定 重要有形文化財

指定年月日

 昭和42年3月31日

文化財種類

 建造物

時代

 鎌倉時代

所在地

 洲本市五色町下堺519<外部リンク>

所有者

 下堺地区

管理者

 下堺地区

概要

 凝灰岩製で、塔身の四方には種子(しゅじ)が刻まれています。基礎の高さが幅に対して低いこと、笠の軒が厚く反りがないこと、塔身の種子が刷毛書きで大きいことなどから古式で、鎌倉時代中期を下らないとされています。
 下堺地区の奥谷集会所の敷地内にあります。