ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

都志本村の石櫃

都志本村の石櫃の画像

めいしょう

 つしほんむらのいしびつ

名称

 都志本村の石櫃

指定種目

 市指定 有形文化財

指定年月日

 昭和62年11月20日

文化財種類

 考古資料

時代

 古墳時代

所在地

 洲本市五色町都志1106<外部リンク>

所有者

 個人

管理者

 個人

概要

 凝灰岩製の刳抜(くりぬき)式で全長177cm、幅約78cm、高さは土に埋まっており確認できません。淡路島で唯一の古墳時代後期の家型石棺です。
 後世に破壊を受け石組もほとんど残っていませんが、残存する周囲の石組から、片袖式の横穴式石室を持つ古墳であったと考えられています。