ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 都志大日の石造五輪塔

都志大日の石造五輪塔

都志大日の石造五輪塔の画像

めいしょう

 つしだいにちのせきぞうごじゅうのとう

名称

 都志大日の石造五輪塔

指定種目

 市指定 有形文化財

指定年月日

 昭和62年11月20日

文化財種類

 建造物

時代

 鎌倉時代

所在地

 洲本市五色町都志大日349-1<外部リンク>

所有者

 大日町内会

管理者

 大日町内会

概要

 凝灰岩製で小堂内にあります。基礎の高さ14.8cm、塔身の高さ30cm、笠の高さ22cm、宝珠と請花は一石で造られています。基礎は低く、塔身の最大径が中心より上部にあり甕(かめ)形をしています。笠も低く、軒の下端が一直線に伸び両端で軽く反り古式をよく残しています。
 造立時期は鎌倉時代中期頃と考えられています。