ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

炬口城跡

炬口城跡の画像

めいしょう

 たけのくちじょうあと

名称

 炬口城跡

指定種目

 県指定 記念物

指定年月日

 令和2年3月13日

文化財種類

 史跡

時代

 戦国時代

所在地

 洲本市炬口97-1外<外部リンク>

所有者

 個人外

管理者

 炬口住民会

概要

 淡路島の中央東岸、大坂湾に面した炬口漁港西にある標高約96mの万歳山の頂上に位置しています。
 炬口城は、戦国時代に淡路水軍を率いた安宅氏が16世紀前半に築城したと伝わります。城の構造は、本丸・二の丸・出丸からなり、本丸は南北約80m、東西約50mで、四方は最大3mを越える土塁で囲われています。
 戦国時代、淡路島を席巻した安宅八家衆の城の一つに数えられ、淡路島に残る城跡の中でも遺構の残りが極めて良好な城で、淡路島を代表する城跡の一つです。

パンフレット

令和2年3月13日に炬口城跡が県の史跡に指定されたことを記念し、下記のとおりパンフレットを作成いたしました。

炬口城跡パンフレット [PDFファイル/2.69MB]

※現在は炬口八幡神社・名号石からは行けません。

炬口城跡への行き方

・炬口城跡までは、「炬口北」信号から徒歩約20分で到着します。お車で城跡までは行けませんので、近隣の駐車場をご利用ください。

・私有地になりますので、見学の際はマナーなど、ご配慮をお願いいたします。

炬口城跡への行き方 [PDFファイル/496KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)