ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 淡路島日本遺産展 『古代淡路島の海人と交流 -青銅・鉄・朱・塩-』

淡路島日本遺産展 『古代淡路島の海人と交流 -青銅・鉄・朱・塩-』

令和元年11月9日~令和2年3月1日開催

日本遺産の島、淡路島は古来より海人が活躍する舞台でした。近年、淡路島とその周辺地域における考古学の成果はめざましく、銅鐸や鉄器など、淡路島の古代史を塗り替えるような貴重な発見が相次いでいます。これらの新しい技術や文物が淡路島にもたらされた背景には、海人の活動による他地域との交流を抜きにしては考えられません。最新の考古学の研究成果をもとに、古代の淡路島で海人が果たした役割に迫ります。

【主  催】 兵庫県立考古博物館/淡路島日本遺産委員会

【後  援】 兵庫県/兵庫県教育委員会/兵庫県立歴史博物館ひょうご歴史研究室

【日  時】 令和元年11月9日(土曜日)~令和2年3月1日(日曜日)

【開館時間】 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

【入 館 料】 大人500円/大学・高校生300円/小・中学生150円(ココロンカード・のびのびパスポートが利用できます)
※当展示は、通常入館料でご覧になれます。

【休 館 日】 月曜日、祝日の翌日/金曜または土曜日が祝日のときは月・火曜日が休館/月曜日が振替休日のときは火・水曜日が休館

【お問い合わせ先】洲本市立淡路文化史料館 ☎0799-24-3331 http://www1.sumoto.gr.jp/siryokan/

関連事業

【関連事業(1)】 講演会「ようこそ!朱と神仙の世界へ -朱を磨る弥生人の事情を考える- 」
  <講 師>上田健太郎(兵庫県立考古博物館学芸員)
  <日 時>令和元年12月14日(土曜日)14時00分~15時30分
  <会 場>淡路文化史料館 研修室
  <定 員>100名
  <聴講料>無料
  <申 込>お電話で淡路文化史料館へ ☎0799-24-3331

【関連事業(2)】 シンポジウム「古墳時代の淡路島と大阪湾岸 ~海人の生業・習俗・地域間交流~ 」
         ひょうご歴史研究室in淡路島+淡路島日本遺産海人の調査研究事業(3)
  <講 演>和田晴吾(兵庫県立考古博物館長)「漁具からみた大阪湾岸と淡路島の海人」
       坂江 渉(ひょうご歴史研究室コーディネーター)「記紀の『棹根津日子』伝承と大阪湾岸のウミガメ」
       パネリスト:和田晴吾/坂江 渉/金田匡史(洲本市教育委員会)
  <日 時>令和2年2月1日(土曜日)13時00分~16時30分
  <会 場>洲本市文化体育館 文化ホール(洲本市塩屋1丁目1-17 ☎0799-25-3321)
  <主 催>兵庫県立歴史博物館ひょうご歴史研究室/淡路島日本遺産委員会
  <後 援>兵庫県立考古博物館
  <入場料>無料
  <問合せ>兵庫県立歴史博物館ひょうご歴史研究室 ☎079-288-9011

サテライト展示

【淡 路 市】「舟木遺跡から甦る古代淡路島の海人 」
  <内 容>舟木遺跡の調査成果から、淡路島を拠点とする海人とよばれた人々と弥生後期の巨大山間地集落との関係に迫る。
  <主 催>淡路島日本遺産委員会/淡路市教育委員会
  <会 場>五斗長垣内遺跡活用拠点施設(淡路市黒谷1395-3 ☎0799-70-4217)
  <期 間>令和元年11月9日(土曜日)~令和2年3月1日(日曜日)
  <時 間>9時00分~17時00分(月曜休館 ※祝休日の場合は翌平日)
  <入館料>無料

【南あわじ市】「南あわじ市発掘調査速報展 -平成29・30年度調査- 」
  <内 容>南あわじ市内の養宜地区と国衙地区で行った発掘調査成果を展示する。
  <主 催>淡路島日本遺産委員会/南あわじ市教育委員会
  <会場及び期間>
   (1)広田地区公民館(南あわじ市広田広田1057-1 ☎0799-44-3008)
     令和2年1月11日(土曜日)~2月9日(日曜日)9時00分~17時00分(会期中無休)
     入館料:無料
   (2)淡路人形浄瑠璃資料館(南あわじ市市三條880 ☎0799-42-5115)
     令和2年2月15日(土曜日)~3月15日(日曜日)10時00分~17時00分(月曜休館 ※祝休日の場合は翌平日)
     入館料:無料
1
2
<外部リンク>