Facebook pixel code(base)
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 空き家と農地を「売りたい」「買いたい」方へ(家庭菜園レベルの大きさの農地)

空き家と農地を「売りたい」「買いたい」方へ(家庭菜園レベルの大きさの農地)

空き家と農地を「売りたい」「買いたい」方へ

空き家に付随する農地(別段の下段面積)の指定について

「空き家に狭小な面積の農地が付随しているため、一括して売買が出来ない」との相談を受け、洲本市農業委員会では、空き家に家庭菜園レベルの大きさの農地が付随している特殊な場合に限り、農地法第3条の下限面積の要件を緩和します。

これにより、家庭菜園レベルでの土いじりに憧れ移住される方にも門戸を広げております。

※本制度改正は、将来に渡り、本格的な営農を考えて移住される方へのものではありません。
(あくまで家庭菜園レベルの大きさの農地が対象です。)

※「無条件での農地取得の要件緩和」と混同される相談が多く寄せられたため、表現を変えております(2022年10月05日~)

※本規定は、個別の農地について限定した条件下での要件緩和です。すべての農地の権利移動について「取得後の営農面積が5,000平方メートル以上」の要件が緩和されるわけではありません。(令和4年4月1日から実施)

 

空き家に付随する農地として、対象となる農地について

 空き家所有者が所有する面積の狭小な農地(家庭菜園レベルの大きさの農地)で、農業委員会が下記条件1~4をすべて満たすと判断した農地(別段の区域設定、地番を設定する。)です。

1.洲本市空き家バンクに登録した空き家等に付属する農地。

2.空き家に隣接する農地、またはこの空き家の近くにある農地であって、この空き家所有者以外の者が管理、耕作することが難しいと判断される農地。

3.現に耕作の目的に供されておらず、または、将来的に耕作を希望する者が現れないと判断される農地。

4.下記のいずれにも該当しない農地。

 1)賃借権、地上権等が設定されている農地

 2)農地中間管理権が設定された農地

 3)利用権が設定された農地

 4)作業受委託契約がされた農地

 5)多目的機能支払交付金事業や中山間地域直接支払交付金事業の対象となっており、所有権移転することでその事業に支障等が生じる恐れがある農地

 6)地域等が取り組む集団的営農活動に参加している農地

 7)非農地認定が可能な農地

 8)その他農業業員会が不適切と認める農地

 

〇事前相談について

【農地所有者側】

事前相談に当たっては、下記の資料をご準備ください。

空き家及び農地の所在地(住宅地図等に明示)・地目・地積(平方メートル)、この農地の所有者の住所・氏名、購入予定者(移住者)の住所・氏名。

また、空き家に付随する農地(別段の下限面積)の指定・公告後、遅滞なく、購入予定者(移住者)に、農地法第3条許可申請をしていただきます。このため、指定申請は、洲本市に移住し、楽農生活を求める方とのご相談が整った段階でお願いします。

 

【移住者(購入予定者)側】

 空き家に付随する農地(別段の下限面積)の指定後(公告後)、早急に、農地法第3条許可の申請をお願いします。申請前に、農機具等を用意する必要は有りませんが、農地取得後は耕作が行えるよう農機具等のご準備をお願いします。

 また、法務局での名義変更登記が終わった場合は、早くに農業委員会までその旨を届け出してください。

 

〇空き家に付随する農地(別段の下限面積)の指定等の手続きの流れ

1.事務局に事前相談を行う。

2.農地の所有者は、空き家に付随する農地(別段の下限面積)の指定の申請書を提出(締め切りは毎月5日)

 様式第1号・第2号・登記簿謄本などの必要添付書類を提出

3.申請書の受理後、農業委員会が定例総会当日(毎月22日)に現地確認を行う。

4.定例総会において、この指定について審議を行い、適切と判断された農地については指定書を交付、告示を行う(定例総会の翌開庁日以降)。

 農業委員会から申請者(農地所有者)へ様式第4号にて通知

5.告示の翌月(翌々月)の締め切り日までに、移住者(購入予定者)は農地法第3条の許可申請を行う。

 農地法第3条許可申請書のほか、様式第5号・第6号を併せて提出

6.農業委員会は提出された農地法第3条許可申請の審議を、定例総会にて行う(所有予定の全農地の耕作の可否、就農者数、就農日数、取得することで周辺農地に与える影響などを審査)。

7.適正と認められた場合、農業委員会は農地法第3条の許可書を発行する。

8.移住者(購入予定者)は、所有権移転登記を行う(農地法第3条許可申請書の発行日から概ね3カ月以内)。

9.所有権移転登記が完了したら、農業委員会へ届け出る。

 様式第7号を提出する

10.農業委員会は、この農地についての「空き家に付随する農地」の指定を解除する。

 農業委員会から、様式第8号にて指定の解除を通知

11.移住者(購入予定者)においては、営農を行う。

 

主な質問とその回答について

 市民の皆さんからのお問い合わせを受け、主な質問とその回答を下記のリンク先にまとめております。

ご参照ください。

 主な質問とその回答 [PDFファイル/388KB]

 

参考:

取り扱いについて [PDFファイル/129KB]

一連の流れ [PDFファイル/47KB]

 

様式第1号 [Wordファイル/18KB]様式第2号 [Wordファイル/18KB]

様式第4号 [Wordファイル/18KB]

様式第5号 [Wordファイル/19KB]様式第6号 [Wordファイル/19KB]

様式第7号 [Wordファイル/18KB]

 

参照

 取扱基準 [PDFファイル/345KB]

 様式第1号~第8号 [Wordファイル/25KB]

 

 

新着2022年6月10日

更新2022年10月05日

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)