ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

軽自動車税

(1)軽自動車税について

 軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車(これらを軽自動車等という。)の所有者にかかる税金です。

(2)納税義務者

 毎年4月1日(賦課期日)現在に軽自動車等を所有している人です。

(3)税率

 ※平成28年度以降の軽自動車税について
 平成26・27年度税制改正において、グリーン化を進める観点などから、軽自動車税の標準税率の引き上げ等が行われました。洲本市においても、この改正を踏まえた市税条例の改正が行われ、軽自動車税の税率が次のとおり変更されます。

 原動機付自転車、二輪の軽自動車及び二輪の小型自動車、小型特殊自動車
 登録年月にかかわらず、平成28年4月1日から次のとおりになります。

車種 車種内容 税率(年額)
平成27年度まで 平成28年度から
原動機付自転車第一種 総排気量が50cc以下または定格出力0.6kw以下のもの(ミニカーを除く) 1,000円 2,000円
原動機付自転車第二種の乙 二輪で総排気量が50ccを超え、90cc以下または定格出力0.6kwを超え0.8kw以下のもの 1,200円 2,000円
原動機付自転車第二種の甲 二輪で総排気量が90ccを超え、125cc以下または定格出力0.8kwを超えるもの 1,600円 2,400円
ミニカー 三輪以上で総排気量が20ccを超え、50cc以下または定格出力0.25kwを超えるもののうち、車室を備え、または車路が50センチメートルを超えるもの(屋根付三輪を除きます。) 2,500円 3,700円
二輪の軽自動車 二輪で総排気量が125ccを超え、250cc以下のもの 2,400円 3,600円
小型特殊自動車農耕作業用 農耕作業用(トラクターなどで乗用装置のあるもの) 1,600円 2,400円
小型特殊自動車その他作業用 その他のもの(フォークリフトやショベルローダーなど) 4,700円 5,900円
二輪の小型自動車 二輪で総排気量が250ccを超えるもの 4,000円 6,000円

 四輪以上及び三輪の軽自動車
 
最初の新規検査年月(車検証の初度検査年月)により、平成27年4月1日から次のとおりになります。

車種 車種内容 税率(年額)
初度検査が平成27年3月31以前
(旧税率)
初度検査が平成27年4月1以降
(新税率)
初度検査後
13年経過
(重課税率)※
三輪の軽自動車 三輪で総排気量が660cc以下のもの 3,100円 3,900円 4,600円
四輪の軽自動車乗用営業用 総排気量が660cc以下の乗用四輪車で営業用のもの 5,500円 6,900円 8,200円
四輪の軽自動車乗用自家用 総排気量が660cc以下の乗用四輪車で自家用のもの 7,200円 10,800円 12,900円
四輪の軽自動車貨物営業用 総排気量が660cc以下の貨物四輪車で営業用のもの 3,000円 3,800円 4,500円
四輪の軽自動車貨物自家用 総排気量が660cc以下の貨物四輪車で自家用のもの 4,000円 5,000円 6,000円

 ※重課税率は、平成28年度の軽自動車税から適用となります。
 また、動力源の燃料が電気・天然ガス・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車及び被けん引自動車は重課対象外となります。

 軽自動車税のグリーン化特例(軽課)について
 平成29年度税制改正により、グリーン化特例(軽課)は2年間延長になりました。
 最初の新規検査年月(車検証の初度検査年月)が平成29年4月1日から平成31年3月31日までの四輪以上及び三輪の軽自動車(新車に限る。)について、その燃費性能に応じてグリーン化特例(軽課)が適用され、平成30・31年度の軽自動車税が次のとおり軽減されます。

車種 車種内容 税率(年額)
75%軽減(ア) 50%軽減(イ) 25%軽減(ウ)
三輪の軽自動車 三輪で総排気量が660cc以下のもの 1,000円 2,000円 3,000円
四輪の軽自動車乗用営業用 総排気量が660cc以下の乗用四輪車で営業用のもの 1,800円 3,500円 5,200円
四輪の軽自動車乗用自家用 総排気量が660cc以下の乗用四輪車で自家用のもの 2,700円 5,400円 8,100円
四輪の軽自動車貨物営業用 総排気量が660cc以下の貨物四輪車で営業用のもの 1,000円 1,900円 2,900円
四輪の軽自動車貨物自家用 総排気量が660cc以下の貨物四輪車で自家用のもの 1,300円 2,500円 3,800円

 (ア)電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)
 (イ)乗用平成32年度燃費基準+30%達成車貨物用平成27年度燃費基準+35%達成車
 (ウ)乗用平成32年度燃費基準+10%達成車貨物用平成27年度燃費基準+15%達成車
 ※(イ)及び(ウ)については、動力源の燃料が揮発油(ガソリン)であり、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車または平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限ります。
 ※各燃料基準の達成状況は、車検証の備考欄に記載されています。

(4)申告

 軽自動車等を購入、譲り受けした場合は15日以内に、また軽自動車等を廃車・売却・譲渡などした場合には30日以内に下記のところへ申告してください。

 1 原動機付自転車(125cc以下の二輪車)、および小型特殊自動車の場合

申請事由別必要書類
申請事由 印鑑 標識交付証明書
または登録票
ナンバープレート 販売証明 廃車済証
購入      
譲渡(未廃車)    
譲渡(廃車済)      
廃車    
問い合わせ先洲本市役所税務課市民税係(0799-22-3321)洲本市役所五色庁舎(0799-33-0160)洲本市役所由良支所(0799-27-1221)

 2 125ccより大きいバイク、三,四輪の軽自動車の場合

車種 申告場所
三輪以上の軽自動車 軽自動車検査協会兵庫事務所神戸市東灘区御影本町1丁目5-5電話050-3816-1847
二輪の軽自動車
二輪の小型自動車
兵庫陸運支局
神戸市東灘区魚崎浜町34-2
電話050-5540-2066

 ※淡路島内の方については、下記のところへ

洲本自家用自動車協会 洲本市山手2丁目1番3号 電話0799-22-9141
南あわじ自家用自動車協会 南あわじ市市善光寺18番地27 電話0799-42-0409
岩屋自家用自動車協会 淡路市岩屋2942番地33 電話0799-72-4616
津名西自家用自動車協会 淡路市郡家87番地4 電話0799-85-0706

(5)届出

  1. 転入したとき(例:A市から転入してきたとき)
    A市のナンバープレートを返納し廃車手続きをしてから、廃車証明書を持って洲本市役所の窓口で登録の手続きをし、洲本市のナンバープレートを受けて下さい。
    逆に市外へ転出された場合は、洲本市のナンバープレートを返納し、廃車の手続きをしてから転出先で登録の手続きをしてください。
  2. 名義を変えるとき(例:50ccのバイクの名義を変更するとき)
    ナンバープレートを返納していただき、新しいナンバープレートをお渡しすることになります。
    旧所有者の方には廃車の手続きを、新所有者の方には登録の手続きをしていただきます。
    市外の方との間で名義を変更する場合は、旧所有者の住所地でいったん廃車の手続きをしてから、新住所で新しく登録することになります。
  3. 盗難にあったとき(例:50ccのバイクが盗難にあったとき)
    そのままにしておかれますと、いつまでも登録が残りますので警察に盗難届を出して受理番号をもらった後、市役所税務課にご相談ください。
  4. 転出するとき(例:50ccのバイクを所有している家族が転出するとき)
    バイクを転出先で使用される場合は、洲本市で廃車して、転出先の住所地で登録の手続きをしてください。
    バイクを引き続き実家で使用される場合は、実家のどなたかの名義に変更してください。
  5. 所有者が死亡したとき
    軽自動車(原付等も含む)を所有していた方が亡くなった場合、その車両をもう使用しなければ廃車の手続きを、相続人や他の方に譲る場合は名義変更の手続きを必ずしていただきますよう、お願いします。(車種による各手続き場所は上記を参照してください。)

(6)減免

 次の軽自動車等の軽自動車税は、納期限(5月末)までに申請することにより減免できる場合があります。詳しくは税務課市民税係までお問い合わせください。

  1. 身体または精神に障がいのある方などが所有する軽自動車等で一定の条件を満たすもの。
  2. その構造が専ら身体または精神に障がいのある方などの利用に供する軽自動車等。
  3. 社会福祉法人等が所有し、かつ、その本来の事業の用に供する軽自動車等。