ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 市営住宅の管理について

市営住宅の管理について

都市計画課住宅政策係

市営住宅とは

 市営住宅は、国・県・市が協力し、住宅に困っている一定の収入基準以下の方々のために税金を使って建設した住宅であり、市民の貴重な財産です。
 そのため一般の住宅とは違い、使用するにあたって色々な制限や注意事項があります。
 また、申込資格を満たしていても、団地で円満な共同生活を営むことができない方は入居できません。
 公営住宅の家賃は入居者の収入に応じて設定されています。そのため、入居者には毎年収入の申告が義務付けられています。

募集について

 募集を行う際には、広報すもとや洲本市Webサイト、洲本市ケーブルテレビなどでお知らせいたします。
 ※募集がある場合、公表は広報の発行日(毎月15日)に合わせて行います。(募集公表日=広報発行日)
 一つの募集部屋に申し込みが複数あった場合、くじ引きによる抽選で入居者を決定します。

入居および退去時に関する事項を書いています

平成21年度からの市営住宅制度改正について

 公営住宅法施行令の一部を改正する政令が平成21年4月より施行されました。
 また、これに伴い市営住宅制度についても改正となっております。
 詳しくは、下記リンクをご覧ください。

 公営住宅法施行令の一部を改正する政令について→公営住宅法施行令の一部を改正する政令案について<外部リンク>
 市営住宅の制度改正について→説明パンフ[PDFファイル/137KB](施行前に作成したもの)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)