ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 生活困窮者自立支援事業

生活困窮者自立支援事業

 平成27年4月から、生活困窮者自立支援制度が始まりました。次のような理由でお困りの方、お気軽にご相談ください。

○生活に困っているが、相談先がわからない。

○収入がなく、家賃や税金を滞納している。

○就職が決まらない。または失業した。など

自立相談支援事業

 生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まずはご相談ください。

 どのような支援が必要かを相談者と一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

住居確保給付金の支給

 離職・廃業から2年以内または、休業等により収入が減少し、離職と同程度の状況にあり住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をするなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。

支援の流れ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)