ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 囲碁ボール・ボッチャ用具の貸出しについて

囲碁ボール・ボッチャ用具の貸出しについて

技術やルールが比較的簡単で、子どもや高齢者、障害のある方でも気軽に楽しめる囲碁ボール・ボッチャ用具を洲本市総合福祉会館(以下、やまて会館)に設置しました。市民の皆さんに無料で貸し出していますので、地域行事等様々な機会にご利用ください。

 

貸出用具一覧

貸出用具一覧
名称 写真 セット数
囲碁ボール 囲碁ボールの写真 2セット
ボッチャ ボッチャの写真

2セット

 

囲碁ボールとは

兵庫県丹波市で考案された囲碁ボールは、囲碁、ゲートボール、ゴルフを組み合わせたスポーツです。5×2mの人工芝の特製マットに、49個の目( 穴) があり、白・黒のボールを10 個ずつ、木製のスティックで打って目に入れ、五目並べを競います。

 

ボッチャとは

ボッチャは、障害者、とりわけ脳性麻痺などにより、運動能力に障害がある競技者向けに考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

 

貸出対象

 市内に住所を有する個人または団体
  ※ 営利を目的とした事業への貸出は行っておりません。

 

貸出しの手続きについて

  1.やまて会館を管理する洲本市社会福祉協議会(0799-26-0022)に連絡し、用具の空き状況を確認いただき、予約を取って下さい。
  受付は午前8時30分から午後5時までとします。(ただし、日曜日、祝日、年末年始は除く)
 
  2.貸出当日までに物品借用申請書を洲本市社会福祉協議会にご提出下さい。
   物品借用申請書 [Wordファイル/13KB]
 
  3.用具の使用を終えたときは、貸出時の状態に戻して返却して下さい。
 
  みんなの用具です。大切に取り扱いましょう。