ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農政課 > 中山間地域等直接支払制度

中山間地域等直接支払制度

中山間地域等直接支払制度とは

 この制度は、農業の生産条件が不利な地域においても農業生産活動を継続するための自主的な取組を支援することで、耕作放棄地の発生防止に加え、洪水や土砂崩れを防いだり、美しい風景や生き物のすみかを守るといった、広く国民全体に恩恵のある農地の多面的機能を増進することを目的としています。
 集落単位にまとまって「集落協定」を作成し、これを基に農地の保全管理や多面的機能を増進する活動などを共同で取り組むことが義務付けられます。
農林水産省パンフレット [PDFファイル/2.31MB]

対象区域区分内訳

区分 集落協定数(件) 協定面積(平方メートル)
8法指定地域(※1)
洲本市五色町全域
23件 4,597,560平方メートル
特認地域(※2)
洲本市(旧洲本市)の一部
5件 554,060平方メートル
28件 5,151,620平方メートル

 ※1過疎法などの地域振興8法指定地域(洲本市五色町全域)
 ※2兵庫県が特別に指定した区域(旧洲本市にあっては五色町域に隣接している一部地域が該当)

平成30年度の各集落補助金分配状況

平成30年度中山間地域等直接支払実績一覧 [PDFファイル/65KB]

実績報告等様式

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)