ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > すもとしコミュニケーション支援ボードを作成しました

すもとしコミュニケーション支援ボードを作成しました

すもとしコミュニケーション支援ボードについて

 洲本市では、平成29年6月1日「障害者のコミュニケーション手段等の選択の機会の確保及び拡大に関する条例」が施行されました。この条例は、「障害のある人もない人もすべての人が当たり前に心を通わせ、理解し合える暮らしやすい社会」を実現することを基本理念としています。
この基本理念を実現するための取り組みの一つとして、「すもとしコミュニケーション支援ボード」を作成しました。

すもとしコミュニケーション支援ボード

 地域には話しことばによるコミュニケーションが苦手な障害のある人たちがいます。しかし、分かりやすい絵記号を指し示すことで、気持ちを表すことができることもあります。

 すもとしコミュニケーション支援ボードは、意思表示するうえで、多く用いることが想定される表現を示した「共通編」と、場面に応じた「行政機関編」「お買い物編」「救急・病院編」「施設・交通編」「災害編」があります。

 すもとしコミュニケーション支援ボード各編を、市内のお店や医療機関等に設置依頼し、協力をいただきながら利用の拡大を図っていきます。

設置協力いただける方は、下記問合せまでご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)