ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報まとめ > 淡路地域の要請事項緩和を受けての市長メッセージ

淡路地域の要請事項緩和を受けての市長メッセージ

淡路地域の要請事項緩和を受けての市長メッセージ

2月末日に緊急事態宣言が解除されてから1週間が経過しました。

緊急事態宣言解除後も、県内では、段階的な緩和措置が取られてきましたが、洲本市を含む淡路地域では、新規感染者数の落ち着きや医療体制の改善の状況を受け、3月8日から飲食店等に対する営業時間の短縮要請についても、解除されることになりました。

 

しかしながら、前回のメッセージでもお伝えしたとおり、これにより感染が収束に向かう訳ではありません。特に年度末を控え、就職、転勤や進学をはじめ、各種行事等を通じて人の交流が増えることで、感染が再拡大するおそれがあります。

市としては、感染防止の観点から、引き続き3月21日まで、公共施設の利用規制等を継続するなど、感染防止に努めて参ります。

どうか、皆さまには、引き続き、次の取組についてご協力をお願いいたします。

  (1)不要不急の外出の自粛をお願いします。

  (2)不要不急の都道府県間の移動や、緊急事態宣言対象地域をはじめリスクのある場所への出入りの自粛をお願いします。

  (3)会食は、同居家族を除き、1グループ4人以内とし、長時間に及ぶ飲食を控えるとともに、食事中の会話を極力控えてください。

  (4)卒業旅行、謝恩会、歓送迎会、花見による宴会などを控えてください。

  (5)毎日の検温、手洗い、マスクの着用など健康管理を徹底し、発熱、息苦しさ、味覚の異常など症状のある場合は、出勤、通学等を控えるとともに、すぐにかかりつけ医などに電話で相談してください。

  (6)在宅勤務に積極的に取り組むなど出勤抑制に努めてください。

ここで気を緩めることなく、自分自身、大切な家族、そして、私たちが暮らす地域社会を守るため、一丸となってこの難局を乗り越えましょう。

 引き続き、感染予防対策へのご協力をよろしくお願いいたします。