Facebook pixel code(base)
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報まとめ

新型コロナウイルス Covid-19

第6波による感染拡大を受けての市長メッセージ(1月14日)

 全国では、新型コロナウイルスへの1日の新規感染者数が1万人を超えるとともに、1月7日には、広島、山口、沖縄県に「まん延防止等重点措置」が適用されるなど、第6波の兆候ともいえる状況となっています。

また、兵庫県においても、年明け後、前回の第5波を上回るペースで感染が急拡大しており、昨年10月13日以降、新規感染者が確認されていなかった島内でも、1月5日に新規の感染が確認され、以後増加傾向が続いています。

特に、これまでの変異株よりも感染力が強いとされるオミクロン株への置き換わりが急速に進んでおり、今後更なる感染拡大が懸念されているところです。

 皆さまには、ここでもう一度、気を引き締めていただき、「うつらない」「うつさない」との強い自覚と責任をもって、次の感染対策への取り組みをお願いいたします。

 

1 基本的な感染対策の徹底

・マスクの着用、手洗いや手指消毒、三密の回避(ゼロ密)、人と人との距離確保、換気など日常生活での基本的な感染対策を徹底してください。

・職場や学校等での「居場所の切り替わり」(食堂、休憩室、更衣室、喫煙室等)では、十分注意し、必ずマスクを着用するなど感染対策を徹底してください。

・帰宅後の手洗い、消毒、家族の健康管理など家庭での感染対策を徹底してください。

・体調が悪い場合は医療機関への受診、感染不安を感じる方は無料のPCR検査等を受けてください。

2 リスクの高い行動の回避

・まん延防止等重点措置区域をはじめ感染拡大地域への不要不急の移動は極力控えてください。

・会食は、同一テーブル4人以内、2時間程度以内とし、会話時はマスク着用を徹底してください。

・多数利用施設では、入場者の整理やマスク着用の周知、飛沫防止措置等の感染対策を徹底してください。

・発熱等の症状がある場合、旅行、イベントへの参加等は控えてください。

3 ワクチンの積極的な接種

・ワクチンの積極的な接種とともに、接種後も基本的な感染対策の徹底をお願いします。

 

次に、3回目のワクチン接種についてです。

3回目のワクチン接種については、2回目の接種日から原則8か月を経過した市民の皆さまへ、接種手続きに必要な予診票等を1月13日から順次、送付しています。

また、3回目の接種では、個別接種か集団接種を選んでいただくこととしています。

個別接種は、市内の22の医療機関において、1月24日から開始する予定としており、接種ワクチンはファイザー社製を使用する予定としています。

一方、集団接種は、洲本市文化体育館で2月17日から、五色診療所では2月21日から開始する予定としており、接種ワクチンは武田/モデルナ社製を使用する予定としています。

なお、予約方法等については、予診票等と併せて送付する書類等に詳しく記載していますので、ご確認の上、手続きをお願いいたします。

 

 本市では、国や県の方針を踏まえながら、この3回目のワクチン接種を着実に実施するほか、低所得世帯等への臨時給付金の迅速な給付に努めるなど、新型コロナ対策にこれからも全庁一丸となって取り組んでまいります。引き続き、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。