ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報まとめ > 社会教育施設の一部利用緩和について

社会教育施設の一部利用緩和について

社会教育施設は、これまでの制限に加えて各種ガイドラインの遵守などの一定の条件のもと、下記のとおり利用を一部緩和いたします。
利用条件、緩和内容の詳細については、施設によって異なりますので、あらかじめ利用される施設に確認の上、ご利用ください。

1 利用緩和対象施設

 
No. 施設名 問い合わせ先
洲本市文化体育館 TEL 0799-25-3321
市民交流センター TEL 0799-24-4450
淡路文化史料館 TEL 0799-24-3331

公民館(地区公民館を含む)
※子育てセンターなどを除く

公民館連絡先一覧 [PDFファイル/11KB]

洲本市中山間総合活性化センター

洲本市高齢者生きがい創造センター

TEL 0799-32-1211

 

2 利用緩和の内容

これまでの利用条件に加え、一定の条件を満たすことで一部施設で収容率100%を上限として利用が可能となる場合があります
※詳しくは各施設へお問合せください。

3 利用緩和の実施日

令和2年10月15日(木)から11月30日(月)まで

4 利用緩和となるための主な条件

これまでの利用条件に加えて下記の条件や各施設個別の条件等を満たすことにより利用緩和となります。

  • 各種ガイドラインの遵守及びその旨をHP、掲示物等で公表
  • マスク着用率100%を担保
  • 大声での歓声・声援等がないことを担保  など

※その他、各施設で個別の条件を設定しています。

5 その他

その他詳細については、各施設へ事前にお問合せください。
なお、新型コロナウイルス感染症の状況により、上記の内容が変更となる場合があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)