ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報まとめ > 新型コロナウイルス感染症に関する国民健康保険の傷病手当金

新型コロナウイルス感染症に関する国民健康保険の傷病手当金

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑制するためには、発熱などの症状がある場合は会社を休み、外出を控えることが必要です。

そこで、会社を休みやすい環境を整えるため、感染が判明したことなどにより会社を休み、事業主から十分な給与が受けられない国民健康保険の被保険者(被用者に限る)に傷病手当金を支給します。

 

対象者

国民健康保険に加入している被用者のうち、新型コロナウイルス感染症に感染した者、または発熱等の症状があり感染が疑われる者

※被用者とは他の人に雇われている人をいいます。

 

支給要件

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間

 

支給額

直近の継続した3か月間の給与収入の合計額を労務日数で除した金額 × 2/3 × 日数

 

適用期間

令和2年1月1日~令和2年12月31日までの間で療養のため労務に服することができない期間(ただし、入院が継続する場合等は、最長1年6月まで)

 

※適用期間が令和2年12月31日まで延長されました。

提出書類

国民健康保険傷病手当金支給申請書(4種類必要です)

申請書
世帯主記入用 [PDFファイル/83KB] 世帯主記入用(記入例) [PDFファイル/117KB]
被保険者記入用 [PDFファイル/87KB] 被保険者記入用(記入例) [PDFファイル/102KB]
事業主記入用 [PDFファイル/103KB] 事業主記入用(記入例) [PDFファイル/244KB]
医療機関記入用 [PDFファイル/80KB] 医療機関記入用(記入例) [PDFファイル/127KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)