ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報まとめ > 洲本飲食組合×FC淡路島出前プロジェクトについて

洲本飲食組合×FC淡路島出前プロジェクトについて

洲本飲食組合×FC淡路島出前プロジェクト始動!

FC淡路島出前

 現在、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、市内の飲食店においては、テイクアウトの実施等、様々な工夫や努力をしていただいているところです。しかしながら、店舗まで取りに行けない方もいらっしゃるため、配達が望まれる状況となっています。

 このような状況下で、令和2年2月11日に、洲本市と連携協定を締結したサッカークラブのFC淡路島が、配達業務を行うことを申し出てくださいました。そして、この度、洲本飲食組合とタッグを組み、「洲本飲食組合×FC淡路島出前プロジェクト」が令和2年5月10日に始動しました。

 お弁当を配達するのは、なんと、27名のサッカー選手達。

 試合の延期やトレーニングの中止を受け、選手の皆さまが、洲本市を元気にするために立ち上がってくださいました。

 本プロジェクトの実施にあたり、洲本市では資金面等での支援を行います。

 プロジェクトの詳細は、以下のチラシのとおりです。

「洲本飲食組合×FC淡路島出前プロジェクト」チラシ [PDFファイル/3.57MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)