Facebook pixel code(base)
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 申請書ダウンロード > 炬口フィッシャリーナ使用許可申請書

炬口フィッシャリーナ使用許可申請書

炬口漁港小型船舶専用係留施設(炬口フィッシャリーナ)使用ご希望の方は、まず空き状況を林務水産課へお問い合わせください。
使用ご希望のバースに空きがある場合は、申請書類を作成し、添付書類を揃えてご提出ください。

申請書類

申請書・誓約書・使用(申請)要領

炬口フィッシャリーナ使用許可申請書 [PDFファイル/154KB]

誓約書 [PDFファイル/81KB]

炬口フィッシャリーナ使用許可申請書記入例 [PDFファイル/283KB]

炬口漁港小型船舶専用係留施設使用(申請)要領 [PDFファイル/759KB]

提出書類

  1. 使用許可申請書(顔写真貼付必要)
  2. 住民票の写し(発行後6ヶ月以内のもの) ※コピー不可
  3. 市町村税(特別区税を含む。以下同じ。)の納税証明書 ※コピー不可
  4. 暴力団排除に関する誓約書(様式第5号の2)
  5. 海技免状の写し
  6. 船舶検査証書の写し
  7. 船体全体を撮影した写真(船舶番号及び船舶検査済票の番号が確認できるもの)
  8. 損害賠償保険に係る保険証券の写し
  9. 法人において申請者と使用者が異なる場合は、その権利関係を証明する書面、法人の登記事項証明書、市町村税の納税証明書及び暴力団排除に関する誓約書
  10. その他市長が必要と認めるもの

船舶係留開始までの流れ

  1. 空きバースを確認してください。(林務水産課にお電話ください)
  2. 使用(申請)要領の内容をよく確認の上、使用許可申請書類の提出をお願いします。
  3. 使用許可申請に問題がなければ、保証金、使用料(年度分一括)の納付書を郵送します。係留開始日までに納付をお願いします。
  4. 係留開始日時が決まりましたらご連絡ください。(係留開始日時は土・日・祝日除く9時00分~17時00分)
  5. 係留開始日当日に、職員と使用者が立会の上、施設にて職員が船舶の大きさを実測します。船舶の大きさ等に問題がなければ、係留開始となります。

係留船舶の大きさの測り方

船舶の測り方

係留可能な船舶の基準である「艇延長」「艇全幅」は船体の実測寸法です。
登録長(船舶検査証記載の船舶の長さ)ではなく、係留した状態で実測した船舶の全長、全幅とします。
付属品(船外機等)も係留時の状態で計測します。
係留開始時に計測を行い、基準を超えている場合は、係留をお断りしますので十分ご注意ください。

施設の概要

炬口フィッシャリーナ使用者募集

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)