ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険医療課 > 国民年金の加入手続き(扶養から外れたとき)

国民年金の加入手続き(扶養から外れたとき)

扶養から外れたとき

第3号被保険者の方が、離婚や収入の増加等で第2号被保険者の扶養から外れた場合、20歳以上60歳未満の方であれば、国民年金に加入することになります。国民年金の保険料は、扶養から外れた月の分から納めていただくようになります。

 

国民年金の加入手続き

市役所国民年金担当窓口にて「種別変更」の届出を行ってください。その際、お届けに必要なものは以下のとおりです。

・年金手帳(または基礎年金番号通知書)

・被扶養者資格喪失証明書

・印かん

 

保険料の納付方法

扶養から外れた月から保険料がかかります。日本年金機構から送付される納付書にて、金融機関・郵便局・コンビニエンスストアで納めてください。また、口座振替やクレジット納付もできます。

詳しくは、国民年金保険料の納付方法へ

 

保険料の納付が困難なとき

ご本人・配偶者・世帯主が一定所得以下の場合には、保険料の全部または一部が免除される「申請免除制度」があります。また、50歳未満の方に限り、ご本人・配偶者が一定所得以下である場合には、保険料の納付が猶予される「納付猶予制度」があります。ご希望の方は市役所国民年金担当窓口にてお手続きください。

詳しくは、国民年金保険料免除申請へ