Facebook pixel code(base)
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報まとめ > 新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者支援

新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者支援

募集中

【兵庫県支援制度】

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【飲食店向け】

(第9期 10月1日~10月21日の時短要請分)

[早期支給分]

◎第9期協力金の支給を受けるには、「新型コロナ対策適正店認証制度」の認証店では午後9時まで、それ以外の店舗は午後8時までに、営業時間の短縮を行って頂くことが必要です。加えて、酒類提供の自粛又は制限及びカラオケ設備の利用自粛にも応じていただくことが必要です。第8期協力金とは異なり、通常、午後8時又は午後9時までで閉店する酒類提供店やカラオケ店は、第9期協力金の対象となりませんので、ご注意ください。

申請受付期間:10月5日(火曜日)9時00分から10月18日(月曜日)23時59分まで

◎電子申請のみの受付となります。

本申請に関する申請要項や様式、手続き方法など、事業内容や詳細については、こちら(兵庫県)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【飲食店向け】

(第8期 8月20日~9月30日の時短要請分)

新型コロナウイルス感染症対策を実施している飲食店等を県が実地確認の上、認証し公表することで、感染に対する県民の不安感を解消するとともに、県内の飲食店等での感染拡大予防対策の推進を図ります。

<緊急事態措置分>

◎要請期間が9月30日(木曜日)まで延長されました。

[早期支給を希望されない場合(本申請の場合)]

申請受付期間:10月8日(金曜日)から11月12日(金曜日)まで

◎第8期の早期支給を受けられた方は、必ず本申請を行ってください。

※電子申請の場合は11月12日(金曜日)の23時59分までに申請を完了してください。

※郵送による申請の場合は11月12日(金曜日)までの消印有効となります。

※8月20日(金曜日)~9月30日(木曜日)までの要請分に関する、早期支給申請受付は終了しました。

本申請に関する申請要項や様式、手続き方法など、事業内容や詳細については、こちら(兵庫県)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【大型施設等向け】

(第2期 8月20日~9月30日の時短要請分)

申請受付期間:10月1日(金曜日)~10月29日(金曜日)

※緊急事態宣言解除後の令和3年10月1日から10月21日における県独自の営業時間短縮の協力依頼ついては、協力金の対象にはなりません。

申請の受付期間や方法については、緊急事態措置終了後に申請を受付が開始されます。詳細については、決まり次第県のホームページなどで公表されます。

事業内容や詳細については、こちら(兵庫県)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆酒類販売事業者支援金【酒類販売事業者向け】(第2期 9月分)

申請受付期間:10月11日(月曜日)から

第2期は、国の月次支援金の横出し(対象月の売上減少率が30%以上50%未満または対象月とその前月の売上減少率が2ヶ月連続して15%以上)及び上乗せ(対象月の売上減少率が50%以上)の支援金の支給を行います。

※横出しと上乗せで申請期間および手続きが異なりますのでご注意ください。

事業内容や詳細については、こちら(兵庫県)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆がんばるお店″安全安心PR″応援事業【飲食店向け】

申込開始:8月30日(月曜日)~11月30日(火曜日) 

※但し、予算額に達した場合、募集は締め切りとなります。

新型コロナ対策適正店認証ステッカーの交付を受けた飲食店等が行う、新型コロナ感染防止対策を踏まえた

安全安心PR等による事業継続の取組を支援します。

事業内容や詳細については、こちら(公益財団法人ひょうご産業活性化センター)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

なお、本事業の要件である「兵庫県マスク着用啓発資材」は、県のホームページからダウンロードができます。

事業内容や詳細については、こちら(兵庫県)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆新型コロナ対策適正店認証交付申請

申込開始:6月24日(木曜日)~10月22日(金曜日)

新型コロナウイルス感染症対策を実施している飲食店等を県が実地確認の上、認証し公表することで、感染に対す

る県民の不安感を解消するとともに、県内の飲食店等での感染拡大予防対策の推進を図ります。

事業内容や詳細については、こちら(兵庫県)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆兵庫県中小企業融資制度

県では金融機関及び兵庫県信用保証協会のもと、県内の中小企業者が県内において必要とする資金を原則として「低利」、「固定」、「長期」で供給し、経営の安定と発展を図るため、各種の融資制度を設けています。
県は取扱金融機関に融資原資の一部を預託し、取扱金融機関が県の定める融資条件で中小企業者に融資します。

事業内容や申請については、こちら(兵庫県<外部リンク>)のサイトをご覧ください。

 

【国支援制度】

◆月次支援金

申込期限:【8月分】 9月1日(水曜日)~10月31日(日曜日)

      【9月分】10月1日(金曜日)~11月30日(火曜日) 

※緊急事態措置の解除後も、引き続き時短営業等の要請が行われることに鑑み、10月分においても月次支援金を継続する予定です。制度の詳細は決まり次第掲載されされます。

令和3年4月以降の緊急事態措置またはまん延防止等重点措置の影響緩和に係る月次支援金のご案内。

事業内容や詳細については、こちら(経済産業省・中小企業庁)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆事業再構築補助金

新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編またはこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

※第3回公募の受付は終了しました。

※第4回公募は決まり次第、経済産業省のホームページなどで公表されます。


詳細については、こちら(経済産業省)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆両立支援等助成金 育児休業等支援コース 新型コロナウイルス感染症対応特例

新型コロナウイルス感染症への対応として、臨時休業等をした小学校等に通う子どもの世話を行う労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主に対して助成する制度です。

※この制度では、令和3年9月30日までに取得した休暇が対象となります。

※令和3年8月1日から9月30日の期間については、この助成金または小学校休業等対応助成金・支援金のうち、いずれか一つのみの申請のとなります。

事業内容や詳細については、こちら(厚生労働省)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆小学校休業等対応助成金・支援金

新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により、仕事を休まざるを得ない保護者を支援するため「小学校休業等対応助成金・支援金」制度を再開します。この制度では、小学校等に通う子どもの世話を行う労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主のほか、子どもの世話を行うことが必要になった保護者であって、委託を受けて個人で仕事を行う方に対して助成する制度です。

※令和3年8月1日以降12月31日までに取得した休暇について対象となります。

※詳細についてはあらためて厚生労働省のホームページで公表されます。

 本制度に係る厚生労働省のプレスリリースについては、こちら(厚生労働省)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

危機関連保証

申請期限:12月31日(金曜日)

全国の中小企業・小規模事業者の資金繰りが逼迫していることを踏まえ、危機関連保証が発動されました。

事業内容については、こちら(洲本市)<外部リンク>のサイトをご覧ください。

【必要なもの】

危機関連保証認定申請書 [Wordファイル/21KB][Wordファイル/21KB] 1部

・売上額減少の根拠となる書類(試算表、決算書、売上台帳等のコピー)

・印鑑

【申請書提出先】

洲本市 産業振興部 商工観光課(洲本市役所2階(6)窓口)

【注意事項】

本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。

 

◆セーフティネット保証

申請期限:12月31日(金曜日)

(全国的に)業況の悪化している業種に属する中小企業者を支援するための措置『セーフティネット保証制度』を利用するために必要な認定書を発行します。

事業内容や申請については、こちら(洲本市<外部リンク>)のサイトをご覧ください。

 

雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)

 ◎特例措置の対象期間が11月30日まで延長されました。 

対応期間11月30日(火曜日)までが対象

雇用調整助成金とは、「新型コロナウイルス感染症の影響」により、「事業活動の縮小」を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために、「労使間の協定」に基づき、「雇用調整(休業)」を実施する事業主に対して、休業手当などの一部を助成するものです。

事業内容や申請については、こちら(厚生労働省)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆産業雇用安定助成金

産業雇用安定助成金とは、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が「在籍型出向により労働者の雇用を維持する」場合、出向元と出向先の双方の事業主に対して、その出向に要した賃金や経費の一部を助成するものです。

事業内容や申請についてはこちら(厚生労働省)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

◆トライアル雇用助成金(新型コロナウイルス感染症対応短時間トライアルコース)

トライアル雇用助成金とは、新型コロナウイルス感染症の影響により離職を余儀なくされた方で、離職期間が3か月を超え、かつ就労経験のない職業に就くことを希望する求職者を、無期雇用契約へ移行することを前提に、一定期間試行雇用(トライアル雇用)を行う事業主に対して助成することにより、離職者の早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的とする制度です。

事業内容や申請についてはこちら(厚生労働省)のサイト<外部リンク>をご覧ください。

 

 


 

準備中

【兵庫県支援制度】

 

【国支援制度】

 

 


 

 

受付終了

 

【兵庫県支援制度】

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【飲食店向け】(第1期1月14日~2月7日の時短要請分)

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【飲食店向け】(第2期:2月8日~2月28日、3月7日または3月31日の時短要請分)

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【飲食店向け】(第4期 4月25日以降の時短要請分)

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【飲食店向け】(第5期 6月1日~7月11日の時短要請分)

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【飲食店向け】(第6期 7月12日~8月1日の時短要請分)

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【飲食店向け】(第7期 8月2日~8月19日の時短要請分)

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金【大規模施設等向け】(4月25日以降の時短または休業要請分)

◆第2弾がんばるお店・お宿応援事業(第二弾)

 

【国支援制度】

◆月次支援金4月~7月分

◆一時支援金

◆持続化給付金

◆家賃支援給付金

◆中小企業新事業展開応援事業

◆事業再構築補助金(第1回~第3回公募分)

 

【市支援制度】

◆ふるさと洲本事業所応援給付金

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)