ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > エネルギーパーク洲本 > 洲本市の取り組み

洲本市の取り組み

洲本市は「エネルギーパーク洲本」に

レジャースポットから、再生可能エネルギーによる循環型社会を目指す

洲本市は、循環型社会を目指す取り組み「菜の花・ひまわりエコプロジェクト」関連施設が整備されている「ウェルネスパーク五色」を拠点として、

バイオマス、風力発電、太陽光発電といった複数の再生可能エネルギー施設を見学できることから、

資源エネルギー庁より「次世代エネルギーパーク」の指定を受け「エネルギーパーク洲本」となりました。(一部見学不可の施設もあります)

 

洲本市での再生可能エネルギーの取り組み

 

平成13年 五色町地域新エネルギービジョン策定
平成14年

菜の花・ひまわりエコプロジェクトの推進

クリーンエネルギー五色風力発電施設建設(1,500kW×1基)

平成15年 バイオディーゼル燃料(BDF)製造利用開始
平成16年

公共施設屋根等を利用した太陽光発電施設の整備

住宅用太陽光発電施設導入補助制度開始

平成18年

洲本市と五色町が合併し「洲本市」に

洲本市バイオマスタウン構想策定

洲本市地域新エネルギービジョン策定

平成19年 洲本市地域新エネルギー詳細ビジョン策定
平成21年

洲本市地域新エネルギービジョン事業化可能性調査

「エネルギーパーク洲本」が次世代エネルギーパークに指定

平成22年 高速メタン発酵処理によるエネルギー化、事業化可能性調査
平成23年

公用電気自動車の購入、電気自動車充電施設の整備

初期投資不要の太陽光発電施設の整備

五色沖での洋上風力発電施設設置の検討

あわじ環境未来島構想が地域活性化総合特区に指定

洲本市五色町を想定エリアとするスマートコミュニティ構築の検討

BDFの民間利用の拡大(本四高速、地域巡回バス、トラクター)

平成24年

新技術によるBDF製造実証プラントの整備

ドライ系バイオマスのエネルギー化、事業化可能性調査

完全電動漁船の航行実証試験

由良町内田でのメガワットソーラー発電所の建設

第1~3回あわじ環境未来島推進官民協働の集いの開催

平成25年

B5燃料(軽油に5%以下の割合でBDFを混合した燃料)の製造利用

洲本市地域再生可能エネルギー活用推進条例の制定

「域学連携」地域活力創出モデル実証事業の実施